こうかの雑記

こうかの雑記

昔の懐かしいこと、ubuntuのこと、その他いろいろ

カメラのお勉強

 お古で貰った富士フイルムのミラーレスカメX-E1。サイトからダウロードした取扱説明書とネット上のいくつかの解説などを見て勉強しています。  さすがに(2012年)発売の古いカメラにいまさら関心を持つ人もないとは思いますが書きます。

 コンパクトデジカメをいままで使っていましたが、それは絞りやシャッタ速度を気にせずに使えるカメラでした。撮影シーンに合わせてモードを選ぶだけで、きれいな写真が撮れるおしゃれな感じのカメラでした。

 それはそれで記録を残すという点で便利でしたし、わたしの使い方としてもブログ記事に載せる証拠写真的なものでしたので十分でした。後に何年も前のブログ記事を読んでみると、ありありとその当時の記憶が甦ってくるのも、そうした証拠的写真のおかげもあると思います。

 しかしある時点からきれいではあるけれど面白みに欠けるなと思うようになりました。多分、一眼で撮影された写真を見る機会が増えたからではないかと思います。自分の写真に少し不満を感じつつ、写真にそれほどこだわることもなくという感じできました。

 なので旧世代とは言えミラーレスカメラを手にして、少し戸惑いました。いままで同様、フルオートでの使い方ではマズイよね、という気がします。でも納得のいく写真を撮れるような使い方、わたしに出来るのかなという不安がその戸惑いなのてしょう。

 X-E1には撮影モードを選択するダイヤルはなく、AUTOというモードもありません。でも大丈夫、触ってみているとこのカメラ意外と分かり良いです。初心者ですがこのカメラで脱AUTO、できそうな気になります。

モード名 絞り設定 シャッター速度設定 ISO感度設定 W/B設定
プログラムAEモード(P) A A ISO感度 設定
絞り優先(A) F値 A ISO感度 設定
シャター速度優先(S) A ISO感度 設定
マニュアル(M) F値 ISO感度 設定
  • 絞りとシャッター速度の設定をいじるだけでモードが決まります。
  • 絞りのF値を小さくする(開く)と光量が増えると同時に被写界深度が狭くなります。
    「A」にするとシャッター速度に応じた必要な光量になるようにF値をカメラが決めてくれます。
  • シャッター速度を秒で指定します。露光時間に応じて光の量が増減します。
    「A」にすると絞りのF値に応じた必要な光量を得られるシャッター速度をカメラが決めてくれます。
  • ISO感度は絞り+シャッター速度で不足する光量をセンサー感度で補うもので、大きくするほどにノイズが出やすくなります。
    「A」にすると適切な値をカメラが決めてくれます。
  • W/B(ホワイトバランス)は色温度を指定出来ます。
    「A」にすると自動設定になります。W/Bの設定のシフト量設定は慣れるまで時間掛かりそうな気がします。こういうの苦手だな。
  • 各設定項目の「A」はAUTOの意味なので全項目を「A」にするといわゆるAUTOに該当します。

 他にもフィルムシミュレーションとかありますが基本的な設定項目はこんなところだと思います。

 頭ではここまで理解出来たつもりですが、まだ体験不足で身についていません。しばらくは絞り優先モードでボケの練習しながら経験を増やせたらと考えています。その内に感覚的に身についてくれるものと期待しています。

カメラバッグを調達

 コンパクトデジカメは持ち運びも保管も全然気を使うことがなかったのですが、ミラーレスカメラのサイズになるとポケットやバッグに入れてという訳にはいきません。また望遠レンズも一緒に持って出かけるとなるとカメラ用のバッグが必要になるので、早々にアマゾンで注文し昨日届きました。

 初心者につき自信がないので、いかにもカメラバッグという感じは恥ずかしい。そんないかにも感のないコンパクトなショルダーバッグ(エレコムのDGB-S031GN)を選びました。

 その大きさから、昔に子どもたちが幼稚園に通っていた頃の通園バッグを思い出しました。選んだ色はカーキーとなっていますが、屋内のLED照明の下では意外と濃いグリーンに見えます。太陽の下では少し砂色というか別の色に見えます。カーキーというのは「土埃」を意味しているので、本当はグリーン系でなく淡い茶系色なのだそうです。

 Amazonで¥2,874というお値段で高級感はありません。生地は表裏ともにポリエステルで表は撥水加工されています。ショルダーベルトは薄っぺらく、いかにも安い物と感じます。いっぱい伸ばしてわたしにはぴったりですが体の大きな人がたすき掛けにするにはもう少し長さがほしいのではないかと思います。

 古くなるとみすぼらしく見えるかも知れませんが、その頃には機材が増えていてより大きなバッグが必要になっているかも知れません。

 X-E1のように比較的小型のカメラでは、望遠レンズと一緒に入れても十分余裕があり、財布、スマートフォンも入れられました。

 コンパクトで軽量(230g)なので気軽に出かけやすいと思います。

 ついでにレンズ等にカビが生えないように保管用にドライボックスも手配。大切に使いたいと思います。

お古のカメラを貰った

 先週金曜日の夜、わが息子さんが勤務地のアパートから帰ってきたかと思ったら、それまで使っていたミラーレスカメラを譲ってくれました。新しい上位機種カメラに買い替えたそうで、もう使わなくなったからです。

 わたしが本当は本格的なカメラに興味を持っていながら、視力に自信がなくカメラを買うことを諦めているのを知っているからでしょう。フォーカスを合わせるのはカメラがやってくれるからから心配ないと言われました。

 なるほど確かにそうですね。何故か視力がないとカメラは難しいという思い込みがあったようです。

 カメラを手にしてファインダー内を覗いてみてビックリ、視度調節ダイアルというのがあって調整するとファインダー内の画像だけでなく数値等もはっきり見えます。メガネを外してもはっきり見えるのには驚きました。

 操作に慣れて、ファインダー内のみ見て扱えるように慣れれば良いのですが。

 ところでわたしは本格的なカメラは初心者です。とりあえずはプログラムAEの設定でコンパクト並の使い方は出来るように設定しました。なんて言っていると上達しないかもですね。

 絞り優先、シャッタ速度優先とか興味はありますが、しばらく勉強しなくてはなりません。 興味のある絞り優先の使い方から少しずつ練習してみたいと思います。

f:id:koukaforest:20210421160709j:plain
X-E1

 お下がりのカメラは発売から9年目のFUJIFILMX-E1
 標準レンズはキットで付いていたものとは違ってXC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ。 キットで付いていたレンズはわが息子さんが新しいカメラで引き続き使うそうです。
 望遠レンズはXC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIを付けてくれました。

 WEBからダウンロードした取扱説明書でしばらくは操作を覚えなくては。